こんばんは。
FX学校事務局のポヨヨです。

トランプさんはなかなかの往生際の悪さですが、どうやら何事もなければジョン・バイデンさんがアメリカ大統領選挙で勝利!ということになりそうですね。

 

正直、トランプさんは個人的には、あのバックトゥーザフィーチャーに出てくる悪役ビフのモデルだけあって、ちょっと好きになれなかったので、バイデンさんの勝利は嬉しい気持ちでいます。

トランプ好きの人、ごめんなさいね!苦笑

 

 

さて。今年は3月はコロナショック。そして11月はアメリカ大統領選挙で、私のようなFX学習中の未熟なトレーダーからすると、「いったいどうなるんだろう?」と思うシーンが多い年になりました。

 

FX学校の生徒限定「陽気な投資教室」というサロンでは、青木師匠の目線でコロナショックをどのように捉えるか。どういうことに注意してトレードをしたらいいか。大統領選の時のトレード注意点などなど。ありがたいレポートや助言を頂けるので、なんとかビビらずにチャートを見て、テクニカルでトレードできるところは、練習練習!と言い聞かせつつ、トレードをすることができました。

が。

きっと、そういうアドバイスをもらっていなかったら、大人しく見てるだけだったと思います。
本当に、日々勉強ですね!

 

ネットで検索をすると、コロナの時は、『コロナショックで相場はこうなる!』と言った情報。大統領選になると、今度は『バイデンさんがアメリカの大統領になったら、ドル円相場はどうなる?』などのネット記事がたくさん出回っていて、全てに目を通していたら、トレードどころではなくなってしまいますので、私は個人的にはテクニカルのお勉強+青木師匠からのレポートやアドバイスの存在は大事だな!と思ってます。

 

どっちに動いても、わかりやすいところで入ればいいんですし、ちゃんと損切りを入れればなんてことないですもんね!

あとは、青木師匠の考え方をコピーする努力をすれば、、、いいかな?みたいな。

簡単に出来ないことぐらい分かってますが。笑

 

 

というわけで、上の画像。

これは昨日のポンドドルのM5チャートです。

 

17時にチャートを開き、今月はポンドドルだけを見続けようというテーマですので(私の勝手な研究テーマです)ポンドドルをずっと見ていました。

以前は、ただ見ていて、トレード出来そうなところで入る。または入らない。利確または損切りをする。その後にスクリーンショットを撮る。という手順で日々のトレードを記録していたのですが、なんかこう、、、しっくりこないのが悩みの種でした。

 

何故かというと、ローソク足が確定するまで、ペコペコと線が動いたり、ローソク足自体も随分完成までにいろんな顔・表情をするので、そこを記録できないで、ただ出来上がったチャートをスクショしても、なんだか情報的に少ないな、、、と思っていたんです。

もっと、研究が進むようなトレード記録方法がないのだろうか?と、2年近くずっと思っていたところ、つい最近、ちょっとしたきっかけで「トレードをする時にチャートを録画すればいいんだ!」ということに気がつきました。何がきっかけかは忘れたのですが、ジョギングしていた時に、突然閃いたんです。

 

その方法は、録画です。

 

毎日、「この時間は空けられる」という時間を作って、その時間をトレード時間と決め、その間ずっとチャートを録画する。トレードをする前の準備段階から、トレード中に思ったことなどを、チャートにテキストであーだこーだと大量に書いてみたり、声に出して実況してみたり。それを保存してトレードが終わってから見るんですね。

そうすると、出だしの考え方から、「それは違うだろ〜」とか、「馬鹿だな〜」とか、「まだまだ自分よがりだなぁ〜」とか、「ここで、そう思うから、失敗するんじゃん!」とか。自分で自分を散々に扱き下ろすんですね。そうすると、まるで他人のトレード動画を見ているみたいで、とても勉強になる。

 

名付けて『録画トレード日記』

って、そのままじゃんか!笑

 

よくスポーツ選手が、自分の演技や動きを撮影して、終わってから何度もそれをチェックするのと、考え方的には同じなのではないかな?と思います。

 

自分がトレードしている時って、トレードをする気でチャートを見ていることが多いので、冷静ではないんですよね。特に私の場合は。

下の画像は4時間足チャートです。

一番右側の足が、現在(2020/11/12 16:30くらい)の足です。ここまでくると、好きな形なんですけど、私が昨日見てたのは、ちょうどてっぺんの十字線で、こういうところはガシャガシャと動きが速くて、トロくさい私としては苦手なんです。

 

なので、昨日はずっとチャートを見ながら、思った事を書いたり、言ったりしながら録画をして終わりました。

10分間で75pipsも上下にガシャガシャ動くんですもん。
臆病者な私としては、やらないし。追いかけないし。見てるだけで十分でした。

出来上がったチャートを見ると、普通にただの上ヒゲ・下ヒゲの長いコマ足にしか見えないんですけど、実際に動きを見ると、

「ナ、ナ、ナ!何ゴト!?」というくらい、激しいです。

 

やっぱり、毎日トレードをして、こういう場面に出会すことって、大事だな〜と思いました!

 

では。また!